つきつき日記F

つきつき月太郎のぐだぐだ日記です。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粉瘤事件 パート2


Category: (´;ω;`)   Tags: ---
粉瘤事件
粉瘤事件 その後

2005年に起こった、粉瘤事件の続編です!

あれから3年。今年の9月上旬、前回の患部と同じ箇所が疼きだした。

日を追うごとに痛みは増大し、歩くのにも支障が出てきたが、前回の治療(皮膚を小さく切って、膿を外に染み出させるため体内にガーゼを差し込み、そのガーゼを毎日交換する)の痛みがトラウマで、病院へ行くのを躊躇していた。1週間ほど経過すると、痛みはさらに激しさを増し、擦れるのでズボンを履くのもつらい状態に。

アテローム復活!

患部もただれてきて、これはさすがに、週明けには病院へ行かないと……。症状が軽いうちに病院へ行っておくべきだったか……と、後悔の念が生まれる。

しかしその週末、自宅でごろ寝している間に、ただれた患部から知らないうちに若干量の膿が漏れ出し、下着にはピンク色のシミが。前回は初めてだったのでここでパニクって、外科へ駆け込んでしまったが、今度は少し冷静に「このまま膿が出れば、持ち直せるのでは?」と考えた。

案の定、ガーゼで患部を覆って清潔を心がけて2~3日過ごしたら、膿の漏出は止まったので、ガーゼも外した。いつしか患部のただれもなくなり、カサブタとなって消え去った。

それからすでに1ヶ月ほど経過したが、結果的に、今回は病院に通わずに、粉瘤をやり過ごすことができた模様。手術で根絶しない限りは、また3年周期でやってくるかも知れないけど、3年前の治療の苦痛に比べれば。

テーマ : 医療・病気・治療    ジャンル : 心と身体


Comments

知らなかった。 
アテロームと言う言葉も、初めてでした。
無事に消えたみたいで、良かったですね。

月さんのブログは、私にはとても勉強になります。
これからも、健康・体調を崩さぬようご自愛ください。
 
>プ~オヤジさん 
興味の赴くまま、見つけたネタを記事にしてるんですが、お役に立てて光栄です。e-257

ほんとにあの、病院でのガーゼ交換の痛さときたら、筆舌に尽くし難く、今回はどうにかやり過ごせてラッキーでした。

場所が場所だけに、人前でパンツを脱ぐのも…毎日繰り返してると、クセになりそうでしたが(笑)。
 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 
長年日記
     
    新着記事とコメント
     
     
     
    検索
     
    月別表示
     
     
     
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     
    Access Ranking

    ブログパーツ アクセス解析


     
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    892位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    260位
    アクセスランキングを見る>>
     
    はてブ人気記事
     
    管理人

    月

    月 | 管理
    コメントはお気軽にどーぞ。ただし、記事と無関係なコメントやTBは、管理人の判断で削除しますよって。


    QLOOKアクセス解析
     
     
    戦闘力チェッカー
    ドラゴンボール改 BOX2 [Blu-ray]

    このブログの戦闘力

    12165

    「ベジータ(初期)」
    クラスです。

    by ブログ戦闘力チェッカー

     
    バナーとか

    track link つきつき日記F あわせて読みたいブログパーツ

     
    広告
     


    Archive   RSS   Login

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。