つきつき日記F

つきつき月太郎のぐだぐだ日記です。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原田知世「music & me」長崎県美術館


Category: 音楽   Tags: 原田知世  長崎  コンサート  
去年の12月15日、長崎県美術館・エントランスロビーでの原田知世コンサート「music & me」に行ってきました!

半月前、知世さんの40歳の誕生日に発売された、5年ぶりのアルバム『music & me』を引っさげての、同名タイトルのツアー。その、ふるさと凱旋となるこのコンサート。今回のアルバムは予約購入して予習は十分だったし、(出勤日ではあったが)ちょうど週末だったし、ぜひ行きたい!と思っていたところに、妹から「私も行くので一緒にチケット取ろうか?」という連絡があり、渡りに船でチケットをゲット。

美術館でのコンサートって、どんな感じだろ?と思っていたがそのまんま、エントランスロビーにステージが組まれていた。美術館はガラス張りなので、外からでも見えたんじゃないかな?

20時30分という遅い開演時刻は、美術館の閉館を待ったからだろうか。我々は、別の用事もあったので、かえって好都合だったんだけど。そして黄色のワンピースに身を包んだ、原田知世さんが登場!

セットリストは下記。ネタバレ注意!

1. Cruel Park
2. 色彩都市
3. 雨音を聴きながら
4. Angel
5. Tell Me Why
6. 天国にいちばん近い島
7. I could be free
8. I Will
9. きみとぼく
10. (アルバム未収録の洋楽カバー)
11. Aie
12. シンシア
13. ノスタルジア
14. くちなしの丘
---アンコール---
1. ロマンス
2. 時をかける少女

『music & me』から9曲。「Cruel Park」で始まり、「時をかける少女」で終わる曲順も、わりとアルバムに近い感じで。バック・ミュージシャンの大半も、アルバムに参加している人たち。

原田知世/Vocal
伊藤ゴロー/Guitar  
一本茂樹/Bass  
伊藤葉子/Drums  
中島ノブユキ/Piano, Keyboard   
伊勢三木子/Violin

アコースティックな編成。ニューアルバムの曲では、「きみとぼく」の、特にピアノがすげー好き。観客の反応は薄かったけど、知世さんは曲間にもいろんな話をしてくれた。当時と変わらぬ「うふふ」の愛想笑い?の連発には激萌え。

「時かけ」は今回セルフカバー版が収録され、ステージでも歌ったけど、それに続く初期の(知世さんいわく“少女の頃の”)作品、「天国にいちばん近い島」は、かなりのサプライズでした。パラオのジェリーフィッシュ・レイクへ行ったという、前フリっぽいトークはあったんだけど。思えば「時かけ」もこの曲も、当時の原田知世さんには歌いこなすのが難しい曲でした。裏声使いまくりで。でも、曲はいいんだよね。それを再確認できたのは収穫であり、今後の知世さんのレパートリーにも影響を与えることを期待している。

「I Will」まで演奏するとはこれも予想外。しかしこの曲は、伊藤ゴローさんにハモってほしかった。それから10曲目は、アルバムに入ってない曲も演奏しようという趣向で、「有名な曲なので・・・」って言って歌い始めたけど、曲名がわからない!誰か教えて!

本編のラスト・ナンバー「くちなしの丘」でハプニング発生。間奏の直後で知世さんが突然声を詰まらせた。(変拍子の入る箇所でもあり)伊藤ゴローさんも一瞬「自分が間違えたかと」慌てるが、実は知世さんが泣き出してしまった。しかし涙声のままどうにか歌いきり、そのままエレベーターに乗ってステージを後にした。

アンコールで再登場した知世さん、「歳とともに涙もろくなって……5年前もそうだったと思うんですけど、長崎でコンサートをするといつも泣いてしまって。ごめんなさい!」とのコメント。故郷である長崎に、今でも特別な思いを持ち続けてくれてるんだなぁ~と、嬉しくなったのでした。

関連リンク:
原田知世 : 音・粋・人 -on・sui・jin- [PLUG IN プラグイン]
原田知世 インタビュー - プレイリストから新たな音楽を発見する[MUSICSHELF]
OCN 無料動画番組 TalkingJapan(原田知世インタビューあり)

テーマ : 原田知世    ジャンル : 音楽


Comments

 
あのカステラ美味かったけど普通のとどう違うのかね~?w

福砂屋にも特製五三焼(ごさんやき)カステラってのがあるって聞いたことあったけど文明堂にもあったのね~

ところで年も明けたし 覆面パンダの画像替えればー(^0^)
 
12/30は沖縄 
原田知世5年ぶり沖縄公演 楽曲に新たな命吹き込む 琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-30398-storytopic-6.html

≫覆面パンダの画像替えればー(^0^)

まだ言いよるか(笑)
これが気に入ってくれた人もいるんだがねー。
まぁそのうち考える!

そうそう、トラックバック承認してね!
 
10曲目のタイトル 
10. (アルバム未収録の洋楽カバー)

↑私は今日(2月22日)のツアー見てきました。この曲のタイトルが気になって私も散々探して、今見つけました。

Brian Enoの"by this river"という曲です。Youtubeで検索に引っ掛けてみてください。また、「カフェと音楽と、」というアルバムの12曲目にも入っています。
 
感謝! 
とびーさん、貴重な情報をありがとうございます!

さっそくYouTubeで探してみました。「By This River」はおろか、ブライアン・イーノも知りませんでした。

でも、とても癒される曲ですね。今回のツアーにはピッタリかも。

長崎では、「有名な曲なので、皆さんご存知かと思いますが……」と言いながら歌に入った気がします。今日のステージでもやっぱり知世さん、曲名を言わなかったんですね。ファン泣かせな人だ(笑)!
 

Leave a Comment



05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 
長年日記
     
    新着記事とコメント
     
     
     
    検索
     
    月別表示
     
     
     
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     
    Access Ranking

    ブログパーツ アクセス解析


     
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    563位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    163位
    アクセスランキングを見る>>
     
    はてブ人気記事
     
    管理人

    月

    月 | 管理
    コメントはお気軽にどーぞ。ただし、記事と無関係なコメントやTBは、管理人の判断で削除しますよって。


    QLOOKアクセス解析
     
     
    戦闘力チェッカー
    ドラゴンボール改 BOX2 [Blu-ray]

    このブログの戦闘力

    12165

    「ベジータ(初期)」
    クラスです。

    by ブログ戦闘力チェッカー

     
    バナーとか

    track link つきつき日記F あわせて読みたいブログパーツ

     
    広告
     


    Archive   RSS   Login

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。