つきつき日記F

つきつき月太郎のぐだぐだ日記です。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『帰ってきたウルトラマン』が帰ってきた!


Category: 書籍/漫画   Tags: ウルトラマン  


リアルタイムで読んでいた内山まもる先生の『帰ってきたウルトラマン』が、まさか復刻されるとは!

『帰ってきたウルトラマン』でウルトラシリーズのテレビ番組が復活し、毎週楽しみにテレビを見ていた。そして『小学二年生』に連載された、内山まもる先生が描くウルトラマンも、大好きだった。何より、絵がとても美しくてワクワクした。当時はウルトラマンや怪獣の絵も描いていた自分にとって、内山先生は憧れの存在だったとも言える。

そんな『帰ってきたウルトラマン』の単行本が先日Amazonから届いて、小躍りしながら一気に読破してしまった。実に40年ぶり。すげー懐かしい! だけど、さすがにほとんど忘れてしまっている。

唯一、アーストロンが倒されるシーンだけは、記憶の片隅に残っていた。

 

スポンサーサイト

テーマ : 特撮    ジャンル : サブカル

“その後のドラゴンボール”いろいろ


Category: 書籍/漫画   Tags: ---
ドラゴンボール―完全版 (16) (ジャンプ・コミックス)オッス、オラ悟空!

今日は、オラのお気に入りの、ドラゴンボール関連サイトを紹介すっぞ!

ジャンプで連載されていた「ドラゴンボール」を読むようになったのは、社会人になってから。近所の食堂で、晩飯を食いながら、週刊少年ジャンプを読むようになったのがきっかけ。それ以前の原作の単行本を大人買いしたり。

アニメはあまり見なかった。原作よりかなり遅れたストーリー展開だったし、余計なエピソードを挟んで冗長だったし。「GT」も見たことがない。ただ、鬼太郎と同じ野沢雅子さんによる悟空の声には親近感があった。

さて今回、ウェブで限定公開(2009/1/31まで)されているドラゴンボールの新作は、「鳥山明先生による、オリジナルストーリー」のアニメ。これはさすがに面白かった。ファン必見!

ジャンプスーパーアニメツアー「ドラゴンボール オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!」

魔人ブウ戦から二年後を描いたエピソード。べジータの弟夫婦と、新たな敵が地球に現れ、悟空と仲間たちにひと騒動が起こる。

いちおう戦闘シーンはあるものの、全体を通してのどかな展開。相変わらずプライドだけは人一倍の、ベジータのキャラがコミカルで楽しい。ほのぼのテイスト満載の新キャラクターたちも見逃せない。そしてここには、「本当のドラゴンボールは、こんなお話だったんだよ」というメッセージが感じ取れる。

さらに今回は、クリリン、ヤムチャ、ヤジロベエといった脇役たちにまで、活躍の場を与えているが、これは、原作の後半ではすっかり影の薄かった彼らへの、作者からの優しいフォローと感じた。つまり、この番外編は、鳥山先生が当時は描けなかったドラゴンボールではないだろうか。

上記は本家による後日談だけど、ウェブではそれ以外にも、日本や海外のファンの創作によるドラゴンボール外伝を、マンガで楽しむことができる。こちらはいくつかのオリジナルストーリーが現在進行中で、それぞれ面白いので、知ってる範囲でご紹介。

その後のドラゴンボール ~ドラゴンボールaf(アフター)~
もし悟空が、本来のサイヤ人に戻り、悪の心を持ってしまったら?という物語。

toyblog - livedoor Blog(ブログ)
海外の同人ストーリー「ドラゴンボールAF」を漫画化。画力がダントツにすばらしい。

Webcomic - Dragon Ball Multiverse
海外の同人マンガを日本語訳で掲載。とんでもない設定で、どこまで行くのか予測不能。

DRAGON BALL V
原作の設定・ストーリー・名セリフがシャッフルされたような異色作。(連載終了)

とりあえず、こんだけ。他にもあったら教えてね!


あ、ちなみにハリウッド版(2009年3月13日公開予定)は……
……もう、なかったことにしていいと思う!

テーマ : ドラゴンボール    ジャンル : ゲーム

大だこスダール


Category: 書籍/漫画   Tags: ウルトラマン  
スダール - 怪獣wiki特撮大百科事典 - livedoor Wiki(ウィキ)
kraken.jpg
(※写真はイメージです)

昨日に引き続き、タコつながりで……

ずっと昔に月刊「りぼん」に掲載された、清原なつの先生のマンガの登場人物のセリフに、このスダールが唐突に出てきたんです。ウルトラQのマイナー怪獣の名前なんて、「りぼん」の読者にはわからんだろーとか思いながら、この意表を突くマニアックなネタにウケました。

当時好きだった太刀掛秀子とは全く違う意味で、清原なつのも好きだったんですが、どんなお話のマンガだったかも覚えてなくて、スダールだけが強く印象に残ってて。時おりそれを思い出してはネットで検索してたんですが……今回、ついにその出典を発見。

3丁目のサテンドール」という作品(りぼん 1980年10月号に掲載)だったようです。

大聖寺おばあさま「3丁目のサテンドール」
"たこ一片も、つもればおおだこスダールになります"


清原なつの(第5巻)

そうそう!あれは、おばあさんのセリフだったっけ。たこ焼きを作っている場面だったかなー。「ちりもつもれば山となる」のニュアンスで。

機会があれば、単行本を手に入れたいと思います!

関連ページ:
松浦晋也のL/D: 清原なつのさんに会う
Yahoo!ブックス - インタビュー - 清原なつの
清原なつの(第6巻)

テーマ : 少女マンガ全般    ジャンル : アニメ・コミック

再び始めるBCL


Category: 書籍/漫画   Tags: 買い物  
再び始めるBCL―世界のラジオを楽しむ! (三才ムック VOL. 188)1975年10月、ソニーからスカイセンサー5900というラジオが発売され、親にねだってそれを買ってもらい、それから数年間、BCL(海外放送聴取)にはまった。

当時はナショナルのクーガや、東芝のTRY-Xなど、家電メーカー各社が競い合って短波ラジオを生産しており、それぞれお気に入りのラジオを所有するクラスメイトのBCL仲間たちが、受信した放送局を自慢し合うといったような、短波ラジオが熱い時代だった。

三才ムック「再び始めるBCL―世界のラジオを楽しむ!」は、そんな時代の記憶を持っている人たちに、とても懐かしい内容の本!

山田耕嗣、降臨!


まず冒頭に、あの山田耕嗣さんが登場!今ではすっかり仙人のような風貌になってしまった「BCLの神様」。当時BCLをやっていた中高生に、その名を知らぬ者はいない存在。

そして、その山田さんによる「心に残るアナウンサー10傑」というコーナー。山田さんほどになると、海外の日本語放送アナウンサーとも実際に会ったりしていたらしい。ラジオ・オーストラリア「カンガルー・ジョッキー」で人気を博した西里扶甬子さん、そしてハフ信子さんの、現在の写真も拝めます。今は亡きBBCジョン・ニューマンの項では、伝説のエイプリル・フールネタ「ビッグベンがデジタル化、解体した針をプレゼント」の資料も。スリランカSLBCの岡田陽子さんは、まるで女優のような美しさ。でも僕は、西里さんが好きでした。

前後するが、冒頭の山田さんによる記事の中で、最新型のラジオでは、シャープ製のラジオは中波の感度が最高にいいと書かれていた。これは当ブログの記事「ラジオをMP3で録音」のまとめで触れた内容(ミュージックキャリーのAMラジオは感度がいい)を裏付ける、専門家によるコメント。

RAEの想い出


ベリカードやペナントのカラーグラビアも感動もの。その中に、RAE(ラジオ・アルゼンチン)のカードも載っているが、これにはほろ苦い思い出が。

地球の裏側から放送されていた、RAEの日本語放送は、当時のBCLにとって最大の難関であり、実際に聞いた人も周囲にほとんどいなかった。ところがある日、(たぶん日本語放送ではなかったが)RAEらしき放送を9.690MHzで受信。興奮しつつ録音したテープから聞き起こして、受信報告書を書いた。ほとんどトークは聞き取れないので番組で流れた音楽のデータは重要だったが、その時流れた「コンドルは飛んでゆく」の原題がわからず、「Condor is flying」とかなんとか書いた記憶がある。

苦労の末書き上げた受信報告書を送ると、しばらく経って、アルゼンチンから郵便が届いた!……しかしその封筒に、肝心のベリカードは同封されていなかった。先方の手違いか、こちらの報告書がカードを発行するに足る内容ではなかったか。……理由はわからないが、BCLとしてとても悲しい出来事だった。

それとは関係ないけど、その難局・RAEをネタにしたイラストを専門誌月刊「短波」に投稿したら、お便りコーナーで採用されて掲載誌を送ってもらったことがある。

 

テーマ : 読書メモ    ジャンル : 本・雑誌

グアテマラの弟


Category: 書籍/漫画   Tags: ---
グアテマラの弟グアテマラとニカラグアを混同してませんか?
──僕はさっき、素で間違えていた(笑)。

嫁が図書館で借りた本を、また借りして読んだ。列車の中で、足掛け往復3時間程度で読了。本は、読み終わったその日が期限だったため即座に返却してしまったので、詳細は思い出せないけど。

中米の国グアテマラで、スペイン語学校などを営んで生活している弟をひとりで訪ね、10日間ほど滞在した、個性派女優・片桐はいりさんの旅行記。処女作「わたしのマトカ」に続く、2作目のエッセイ。前作との統一感のある、カバーデザインも素敵です。

普通の日本人はまず足を踏み入れない国だと思うけど、その珍しい国の文明や文化を、いろんなエピソードをまじえながら、彼女の視点で上手に切り取った内容で、一気に読み終えてしまった感じ。

まず、文明の違いという点では、トイレでのポポ事件が圧巻。

あちらでは用足しに使った紙を便器に捨ててはいけないそうで、それにまだ慣れていない片桐さんが、つい紙を一枚捨ててしまい(それが原因かどうかは不明だが)、その日再びトイレを利用した際、自分のウンコ(あちらの言葉で「ポポ」)が流れない! その悲鳴を聞きつけた弟が、劇薬で開通させようと試みるも失敗、さらに別の劇薬を投入したところ、ポポ爆発(笑)!

文化の違いという点で非常に面白かったのは、弟の奥さんと物乞いとの悪態コミュニケーション。

現地で“物乞い四天王”の一人に数えられる、有名な物乞いの男がいて、街中で彼を見つけると、奥さんは遠くからでも必ず「鼻ぺちゃー!」(だったかどうかは忘れた)と声をかける。彼はその罵声に対して「うるせぇ、ウンコでも食ってろー!」と呼応する。盲目だという彼に近づいて奥さんが声をかけた時には、「声でわかるんだ!」と、しこたま尻を殴られたそうな。しかしその彼がいつもの場所から消えてしまうと、奥さんは寂しがり、実はバケーションに行っていたという彼が戻ると、とても喜んだという話。暖かい罵り合い。理解できねーけど羨ましい。

以上、ウンコ絡みのエピソードばかり挙げてしまったけど、単なる偶然です(笑)。
あと、片桐はいりさんは愛煙家のようで、旅先でのタバコ(1mgらしいけど)の効能を語っている章もあった。

弟さんが経営する学校の、日本語のホームページがありました。
グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」

そしてそのサイトのブログは、FC2ブログでした。
スペイン語学校のコーヒータイム

テーマ : 読書メモ    ジャンル : 本・雑誌

BCLラジオカタログ


Category: 書籍/漫画   Tags: タモリ  
BCLラジオカタログ―スカイセンサー、クーガーなど、あの名機が蘇る!

BCL向け短波ラジオの写真が満載の本。本屋で見かけて思わず衝動買いしそうだったけど、本の裏表紙が折れていたので思いとどまり、しかし時間があったので、しっかり立ち読み!

小~中学生の頃、BCL(BroadCasting Listening)が流行していて、自分も当時2~3万円したラジオを買ってもらって、アンテナ・カップラー経由で屋外アンテナにつないで、早朝や深夜に海外放送(主に日本語放送)を聴いていた。ログノートと呼ばれる受信記録を書いたり、放送局に受信報告書を送って、ベリカード(Verification Card, 受信証)を集めるのが楽しみだった。「短波」という月刊誌にイラストを送って、採用誌をもらったこともあった。

今はインターネットがあるけど、当時はこうやって海外のラジオを聴くのが楽しみだった。今また同じように海外放送を聞いてみたいか?と聞かれればそれは微妙だけど、ネットオークションでも当時のBCLラジオはよく出品されており、それを眺めていると欲しくなったりする。

本書「BCLラジオカタログ」は、各社が発売した歴代のBCLラジオを一台ずつ、実機の写真にコメントを添えて紹介したもの。内容は大きく三章に別れ、「スカイセンサー」と「クーガー」(当時の表記は“クーガ”だったよね?)シリーズで競い合っていた、ソニー&松下の2大メーカーと、それ以外のメーカー。当時の力関係を考えると、この分類は妥当。中古ラジオの汚れや傷もそのまま載っているのが生々しく、現在オークションなどで中古品を購入する場合の注意点なども記されている。

自分が持っていたのは、ソニースカイセンサー5900(最初は5600を買ったが、直後に発売された5900をどうしても欲しくなり、親に泣きついて買い換えた)。当時では前例のない周波数直読機能を搭載した、画期的なラジオだった。キャッチフレーズは「電波わしづかみ」。それに対抗して松下からも周波数直読ラジオクーガー2200が発売され、BCLブームはピークを迎えた(両機の取扱説明書ダイジェストが本書の付録)。その後、BCLラジオもデジタル表示の時代を迎えるが、結局デジタル機は買えなかった。

いやーとにかく懐かしい。TRY-Xとかジーガムとか。「ハロー!ジーガム」(肝付兼太)やソニー「BCLジョッキー」(冨山敬)、松下の「BCLワールドタムタム」(タモリ)などのBCL向け番組も聴いていた。自分が知らない(古い)機種も掲載されていたが、三洋のパルサーが載っていないのは不思議。懐かしさでウェブを検索していて、発見したこちらのページの内容が、本書の記載と一致している?と思ったら、やはりラジオ工房さんが協力しているようだ。

テーマ : BCL・短波放送    ジャンル : 趣味・実用

バムとケロ


Category: 書籍/漫画   Tags: ---
最近、うちの姪っこが「バムとケロ」という絵本にハマってるそうで。クリスマスプレゼントはそれ関係がいいとのリクエストがあった。カナダ在住の島田ゆかさんという絵本作家が描いており、「バムケロ」シリーズは4作を数える。ミクシィにもいくつかコミュニティが存在した。

どんなお話なんだろう?こんど会ったら聞いてみよ。

というわけで臨時バナー作成!


島田ゆか>インタビュー (ユウchan)

テーマ : 絵本    ジャンル : 本・雑誌

ムーミン谷のアリス?


Category: 書籍/漫画   Tags: フィンランド  買い物  
Amazon.co.jp:不思議の国のアリス: 本ムーミンの作者として有名な、トーベ・ヤンソンが挿絵を描いた「不思議の国のアリス」(著:ルイス・キャロル)。1966年「アリス」のフィンランド語版のために描かれたそうだが、現在は本国でも絶版。その挿絵が日本で復刻された。

という話を聞いた嫁が、本日街の本屋で購入。オリジナルのリアリティあふれる挿絵とは趣の異なる、ときに単純で、ときに描きこみの激しい、水木しげるの画風にも通じる、幻想的でムーミンチックなイラスト。テキストのほうは、直木賞作家の村山由佳さんによる新訳。

本書で使われているイラストは、下記サイトでも見ることができる。ヤンソンさん、画家としても素晴らしいです。「アリス」以外にも、「ホビット」(著:JRRトールキン)の挿絵を描いていたとは知らなかった!わしゃヤンソン版の「ホビット」が読みたい!

Tove Jansson's illustrations
www.tuve-jansson.info

テーマ : 児童書    ジャンル : 本・雑誌

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 
長年日記
     
    新着記事とコメント
     
     
     
    検索
     
    月別表示
     
     
     
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     
    Access Ranking

    ブログパーツ アクセス解析


     
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    1027位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    290位
    アクセスランキングを見る>>
     
    はてブ人気記事
     
    管理人

    月

    月 | 管理
    コメントはお気軽にどーぞ。ただし、記事と無関係なコメントやTBは、管理人の判断で削除しますよって。


    QLOOKアクセス解析
     
     
    戦闘力チェッカー
    ドラゴンボール改 BOX2 [Blu-ray]

    このブログの戦闘力

    12165

    「ベジータ(初期)」
    クラスです。

    by ブログ戦闘力チェッカー

     
    バナーとか

    track link つきつき日記F あわせて読みたいブログパーツ

     
    広告
     


    Archive   RSS   Login

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。